ブログランキングアップの為に1日1クリックご協力お願いします!
こちらをクリック⇒ブログランキング

武器鍛冶では、様々な特技を使って武器を仕上げていきます。
メーターを緑ゾーンに入れなければならないことはみんなが分かっていることだと思います。

全ての武器に共通していえるコツは、特技を使い分け効率よく緑ゾーンの手前までメーターを上げて、最後にねらい打ちをして緑ゾーンに会心で入れる、ということです。

ここからは推測ですが、緑ゾーンの中に毎回ランダムでジャストポイントが設定され、そのポイントに近ければ近いほど良い出来になるという仕様になっていると思います。会心が出た場合には、そのジャストポイントで止まってくれるので、会心率が大幅に上がるねらい打ちの集中力消費ポイントが他と比べて大きく設定されているのだと思います。

つまりねらい打ちを何回打てるかが、職人のコツであり、実力の差になるということになります。

ただし、もう一点コツがありまして、何回か鍛冶をしていると「ねらい打ちをして会心が出なかった場合には緑ゾーンを超えてしまうけれどどうしようか?」という状況が必ずきます。そのケースは、ねらい打ちではなくてかげん打ちで確実に緑ゾーンを捕えた方が期待値は高いはずです。

以下は、各スキルの仕様です。
※()内は消費集中力。太字は私が考えるスキルの詳細、太字の()内は通常を1とした場合のコストパフォーマンスです。

上下打ち(8)チカラ強く上下2マスをたたく・・・通常の約1.2倍×2(1.5)
てかげん打ち(10) 半分のチカラで1マスをたたく・・・通常の0.5倍(0.5)(0.25)
2倍打ち(8) 2倍のチカラでで1マスをたたく・・・通常の2倍(1.25)
火力上げ(10)温度を300度上昇させ地金を鍛えやすくする
4連打ち(12) チカラ強く2×2マスをたたく・・・通常の約1.2倍×4(2.0)
みだれ打ち(7) ランダムに4マスたたく・・・通常の約0.8倍×4(2.3)
3倍打ち(11) 3倍のチカラで1マスたたく・・・通常の3倍(1.4)
ねらい打ち(16)通常より高い会心率でたたく・・・会心率アップ(0.3)鉄☆約25%~超☆☆☆約40%※実績値
超4連打ち(18)2倍のチカラで2×2マスをたたく・・・通常の2倍×4(2.2)
上下打ち(7)チカラ強くななめ2マスをたたく・・・通常の約1.2倍×2(1.7)

 

上記では、みだれ打ちが最もコストパフォーマンスが高くなっていますが、実際には地金の温度(1回叩く毎に50度下がり、高いほどメーターの進みが良い)も影響するので、地金の温度も考慮したコストパフォーマンスは以下の通りになると思われます。

超4連>みだれ>4連>ななめ>上下=3倍>2倍>ねらい>てかげん

 

機会があったら個別の武器の作り方も公開していきたいと思います。


ランキングを見る
,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now